TOP > 製品リリース一覧 > HDD/SSD Tester D030CHMシリーズ新発売

製品リリース詳細

温度ストレス試験対応モデル HDD/SSD Tester D030CHMシリーズ 新発売

2012/04/16

各位

株式会社 ダイチュー テクノロジーズ

代表取締役社長 真道 保美



株式会社ダイチューテクノロジーズは4月よりHDD(ハードディスクドライブ)及びSSD(ソリッドステートドライブ)の温度変化シーケンス対応自動計測装置である『HDD/SSD Tester D030CHMシリーズ』の販売を開始致します。

- 温度ストレス試験対応モデル HDD/SSD Tester D030CHMシリーズ 新発売 -

 


『HDD/SSD Tester D030CHMシリーズ』は組み込み機器メーカー様にて行なわれるHDD/SSD選定のための品質及びパフォーマンスの評価試験、選定候補となるHDD/SSDのデータ比較など温度環境変化シーケンスと同期を取ります。これにより最大8セルのHDD/SSDの評価を、恒温槽での自動計測を実現し、トータルの選定作業における作業時間短縮や作業効率改善にお役立ち致します。


株式会社ダイチューテクノロジーズ(本社:埼玉県羽生市、代表取締役 真道保美)は4月よりHDD(ハードディスクドライブ)及びSSD(ソリッドステートドライブ)の試験装置である『HDD/SSD Tester D030CHMシリーズ』の販売を開始致します。  現在HDD/SSDはパソコンなどの情報機器のみならず産業用機器、医療用機器、映像用機器など様々な機器に搭載されています。また技術の進歩によりインターフェースも最大6Gb/秒と高速になり、記憶容量も最大4TBと大容量化しております。一方ではHDD/SSDが搭載されている組み込み機器全体としての高い信頼性が求められています。  『HDD/SSD Tester D030CHMシリーズ』は組み込み機器メーカー様にて行なわれるHDD/SSD選定のための品質及びパフォーマンスの評価試験、選定候補となるHDD/SSDのデータ比較など温度変化シーケンスと同期を取って、恒温槽での自動計測を実現し、トータルの選定作業における作業時間短縮、作業効率改善にお役立ち致します。被試験体のドライブ装着は最大8セルで、独自のハンドリングユニットとして開発されており、ワンタッチで装着できます。また、メニュー画面からの簡単操作で、GUI上でクリックし、コマンドライブラリーとして用意されている各種特性試験の実行と結果データの収集が可能となります。

今回発売される『HDD/SSD Tester D030CHMシリーズ』は、5月9日(水)から11日(金)に東京ビックサイトで開催されますESEC 2012 第15回組込みシステム開発技術展のダイチューテクノロジーズのブース(西10-16)にて展示いたします。

『HDD/SSD Tester D030CHMシリーズ』は、一昨年発表致しました『HDD/SSD Tester D010』の温度変化制御付き高機能モデルとして。コンピュータ機器、産業用機器、医療用機器や映像機器関連など様々な機器メーカー様、HDD/SSD販売会社様への販売を見込んでいます。価格はオープン価格で、販売台数は初年度50台、3年間で200台を計画しております。

■新製品HDD/SSD Tester D030CHMシリーズの特徴
1). 恒温槽温度範囲:-40℃~+85℃(0.1℃単位)、温度分布:±5℃
2). 温度変化シーケンスと同期した自動計測を実現
3). SAS 2.0 (6Gbps)及びSATA 3.0 (6Gbps)に対応
4). SSDの選定、評価用に特化した電源遮断及び瞬停試験機能搭載
5). ドライブ装着は独自のハンドリング機構で、優れた着脱性のワンタッチ操作
6). セルタイプは3.5インチ、または、2.5インチを選択可能で、合計最大8セル。
7). Linux上の安定した動作環境で評価試験、耐久性試験を実現
8). 評価試験項目は、ドライブ毎に個別に設定可能
9). 技術者に納得頂ける各種コマンドライブラリー

詳しくは、弊社ホームページをご覧ください。
D030CHMシリーズ

HDD/SSD Tester D020

 

 

■製品に関するお問い合わせ

株式会社 ダイチュー テクノロジーズ 営業本部

製品担当者 柏崎

メールでのお問い合わせはこちらから: HDD/SSD Testerお問い合わせフォーム

電話でのお問い合わせはこちらから:  048-565-2822

 

※本ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な事象により予告無く変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

 

このページの先頭へ