TOP > 製品 > HDD/SSD Tester D011G-3S1EX16

HDD/SSD Tester D011G-3S1EX16

   

製品紹介

HDD/SSD Tester D011G-3S1EX16

『HDD/SSD Tester D011G-3S1EX16』は、本体と拡張ボックスラックで構成されております。弊社従来製品(D010)の測定セル数を増やしHDD/SSD量産試験用に適した仕様となっており、セル当たりのコストがリーズナブルになっております。本製品には品質トレーサビリティを高めるためのレポーティング機能も兼ね備えております。弊社従来製品(D010)と同じで個別に異なった試験も可能となっております。

 ・試験用としてご使用する場合には、17セルに対応

 ・デュプリケータ用としてご使用する場合には、1対16に対応

 ・本製品の標準は、3.5インチSATA/SAS6G対応

 ・専用のオプションキットにより、2.5インチHDD/SSDの対応が可能

 ・専用の変換オプションキットにより、mSATA、CFast、HalfSlimの対応が可能

HDD/SSD Tester D011

製品仕様

■本体仕様

項目

内容

外形寸法、重量

230 ( W ) × 550 ( D ) × 550 ( H ) / 28 kg

電源

AC90~250V、 50/60Hz 、単相2線式 + FG

消費電力

動作時:750VA

ハンドリングユニット

1

使用環境

10℃~35℃,30~80%RH

OS

Linux

外部インターフェース

USB2.0 ( x5 )
PS/2 ( キーボード用 x1 マウス用 x1 )
LAN ( x2 )
VGA ( x1 )

対応インターフェース

SATA( 3.5インチ)、SAS6G※3

安全装置

電源電流遮断機
転倒防止金具(付属)

■拡張ボックスラック仕様

項目

内容

外形寸法、質量

600( W ) × 335 ( D ) × 402 ( H ) / 28 kg

電源

本体(D011)からの供給

対応インターフェース

SATA(3.5インチ)、SAS6G※1,※2

その他

卓上据え置き型

■主な機能

主な機能

説明

備考

デュプリケーション

マスタードライブからターゲットドライブ【最大16台】へのデュプリケーション機能

 

 

 

 

共通

データコンペア

マスタードライブとのデータコンペア機能

供給電源オンオフ試験

供給電源オンオフのサイクル試験機能

供給電源マージン機能

定格電源から0.1V刻み、又は、0.2V刻みで電圧降下させてのマージン試験機能

電源立上がり試験

電源立上がり速度(時間)を変化させての試験機能

データ消去

全域”0”書き込み、又は、米国国家安全保障局方式(NSA)に準拠したデータ消去機能

ベンチマーク試験

シーケンシャルリード/ライトベンチマーク試験機能、ランダムリード/ライトベンチマーク試験機能

ドライブ情報取得(SATA)

Identify情報、S.M.A.R.T.情報取得機能

SATA 専用

ドライブ情報取得(SAS)

P-List(製造段階で生じた不良セクターに関する情報)、G-List(出荷時に生じた不良セクターに関する情報とその再配置情報)取得機能

SAS 専用
※3

IOPS測定

シーケンシャル/ランダムIOPS測定機能

SATA 専用

容量クリップ設定

ディスク容量クリップ機能

SATA 専用

電源遮断・瞬停試験

ミリ秒単位(オプション・タイマーカードによりマイクロ秒)にてシーケンスソフトでの設定、又は、ライトコマンドをトリガー(オプション・タイマーカード使用時)にした電源遮断・瞬停による電他保持性試験機能

共通

NTFSフォーマット

最大2TBまでのハードディスクに対するNTFS形式フォーマット機能

イメージ展開フォーマット

任意の容量のハードディスクに対する各種形式のフォーマット展開機能(マスターとなるあらかじめフォーマットされたハードディスクドライブが必要となります)

グラフ表示

ベンチマーク試験中のグラフのリアルタイム表示機能(D011Gモデルは除く)

個別自動レポーティング

ハードディスク毎に行った試験結果のレポート自動生成機能(PDF形式、CSV形式、JPEG形式)

サマリーレポーティング

自動生成された個別試験レポートの任意の設定及び抽出によるサマリーレポート機能(抽出設定:シリアル番号/カレンダー等)

試験シーケンス編集

プログラミングによる任意の試験シーケンス作成、編集機能

試験データロギング

各種試験結果のログデータ記録機能(モデルにより、一部記録先フォルダーは任意設定可能)

各種シーク試験

LBA(0~MAX)を指定することによる、シーク量変動アクセス性能試験、最小最大シーク試験、バタフライ・シーク試験、ランダム・シーク試験など各種シーク試験

ウェアレベリング・モニター

SSDのウェアレベリングの状況(タイミング等)をモニターすることが可能な機能

※1 拡張ボックスラックの対応インターフェースは、3.5”を標準とし、2.5”で対応される場合は、専用の変換オプションキットが必要になります。
※2 mSATA、CFast、HalfSlimを使用される場合は、専用の変換オプションキットが必要になります。
※3 本体側SAS6G対応は、オプションとして追加HBAが必要となります。

製品の使用例

■HDD/SSDの選定用に

HDD/SSD選定時に温度サイクル試験、パフォーマンス測定、電源オン・オフサイクル試験、電圧マージン試験などのテストを実行し、複数のHDDまたはSSDの性能の比較にご利用頂けます。

HDD/SSD Tester HDDとSSDのパフォーマンス比較
■不具合品の解析用に

不具合などで返却されたHDD、SSDの原因解析に様々なテストケースを用意しております。また出荷時にテストしておれば、その時のデータと比較ができ、劣化した項目があるかの判断も行えます。またパフォーマンスもグラフ化でどの部分にパフォーマンスの悪いセクターがあるか見る事もできます。

HDD/SSD Tester 不具合解析
■用途に合わせたスクリーニング用に

パフォーマンステストの結果からHDD/SSDを選別する事ができます。パフォーマンスの閾値を設定してその範囲に入らないHDD/SSDを見つけ自動的に選別します。

■データのコピーや消去用に

HDD、SSDのデュープリケータ(コピー機)として、またデータの消去用にご利用頂けます。また必要な場合にクリッピングも行う事ができます。

HDD/SSD Testerに関するお問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちらから: お問い合わせフォーム

電話でのお問い合わせはこちらから:  048-565-2822

このページの先頭へ